• 電話をかける

賃貸経営コラム

成功する賃貸経営:黒字化と適切な売却のポイント

賃貸経営を⾏っている⽬的は個々に異なりますが、経営において物件単体の黒字化は極めて重要です。


黒字化の確定時期と売却の考慮

この黒字化の可能性は、正直なところ、建築時や購⼊時にほぼ確定してしまう事もあります。その場合、経営を途中で中⽌するという選択肢も考慮すべきです。つまり、「売却も視野に⼊れて経営を⾏う」ということです。
以下の表は、収益物件の取引動向に関するデータです。


収益物件の売却動向と実情

スルガ銀⾏の不正融資事件から新型コロナウイルスの蔓延により、⼀時的に収益物件の売却件数が落ち込みましたが、2022年には過去最⾼⽔準にまで増加しています。物件の売却という話題は、オーナーの皆様からは「あまり⼈に知られたくない」という意識が強いと思われますが、実際にはこれほど多くの⽅が売却を選択しているというのが実状です。


売却で黒字経営を終える選択

アパートの売却は、最適なタイミングが不可⽋です。適切なタイミングでないと、収⽀が⾚字になる可能性や増税のリスクにより、本来得られるはずの利益を失う恐れもあります。


詳細な経営状況の調査

アパートの売却を検討する際には、詳細な経営状況を調査することが必要です。物件の収益や稼働状況、修繕履歴を確認し、損失が出ない時期を⾒極めます。


経営終了時の利益確定

賃貸経営を⾏う際、最終的な利益は、「物件の売却と経営終了時」に確定します。所有中に得た家賃収⼊に加えて、売却価格が購⼊費⽤と運営費⽤を上回れば、利益が確保できます。このような場合、経営は成功と⾔えるでしょう。

【利益確定の考え⽅】 購⼊費⽤+運営中経費 売却価格+累計キャッシュフロー

この数式は、経営が黒字化するための基準を⽰しており、経営者にとって重要な指標です。


無料賃貸経営診断のご案内

経営診断は専門的な分野にもなるため、ご自身のみで判断せず、プロに頼るのが黒字経営への近道になります。

当社では無料で現在の賃貸経営診断をお受けいたします。お取引ご相談いただいておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。フレンドホームにて、最適なご案内をさせていただきます。

フレンドホーム オーナーサポート課:⾕澤   TEL:0120-864-863



フレンドホームからご挨拶

株式会社フレンドホームは1988年に創業以来、久喜、幸手、杉戸エリアを中心にこの地元を愛し、地元密着で営業をさせていただいております。不動産は皆さまの大切な資産です。代々受け継がれてきた土地や建物、またこれから購入する住宅など、不動産の一つ一つにあるお客様のストーリーを私たちも大切にし、お客様にとって最適なご提案ができるよう日々勉強しております。どうぞお気軽にご相談ください。


幸手・杉戸・春日部エリアの
賃貸管理なら
フレンドホームにお任せください