• 電話をかける

賃貸経営コラム

賃貸経営における正しい投資判断のタイミング

昨今、賃貸経営において「修繕を行う適切なタイミングがわからない」というオーナー様の声が増えています。

日本全国の賃貸物件のうち、築20年以上の物件の割合は約60%に達しており、「建物の長寿命化」を図ることが重要なポイントとなっています。オーナー様ごとに将来の出口戦略は異なりますが、修繕を行う場合は適切なタイミングで投資を行う必要があります。


賃貸経営における投資判断時期とは

以下は賃貸経営において投資が求められるタイミングの基本的なフローです。

賃貸経営における主な投資タイミング

・計画修繕
・リノベーション
・賃貸住宅の解体

ご覧の通り、賃貸経営を継続するためには、賃貸住宅の質や価値の維持、居住水準に合わせた性能向上を目的として、さまざまなタイミングで投資が必要になります。そのため、賃貸経営で得た収益は無駄遣いせず、投資費用として貯めておくことをお勧めします。


賃貸経営における計画修繕工事の目安時期

物件の状態やオーナー様の出口戦略によって対策は変わりますが、費用対効果を考慮し、実施判断をしていただければと思います。

以下に修繕工事の目安時期をまとめました。

おおよそ5年を過ぎたあたりから、設備等に対して目を配る必要が出てくることが分かります。



いかがでしたでしょうか。
状況によっては、売却や建替え、更地にして別の運用方法を検討してみるのも一つの対策となるかもしれません。

株式会社フレンドホームでは、無料で現在の賃貸経営診断をお受けしています。
今後の賃貸経営を見直す機会にもなりますので、ご希望のオーナー様は下記までご連絡ください。フレンドホームにて、最適なご案内をさせていただきます。

賃貸経営は長期の目線で見ていく必要があります。適時、収支バランスを見直して、負担の少ないオーナーライフをお過ごしいただければと思います。



フレンドホームからご挨拶

株式会社フレンドホームは1988年に創業以来、久喜、幸手、杉戸エリアを中心にこの地元を愛し、地元密着で営業をさせていただいております。不動産は皆さまの大切な資産です。代々受け継がれてきた土地や建物、またこれから購入する住宅など、不動産の一つ一つにあるお客様のストーリーを私たちも大切にし、お客様にとって最適なご提案ができるよう日々勉強しております。どうぞお気軽にご相談ください。


幸手・杉戸・春日部エリアの
賃貸管理なら
フレンドホームにお任せください