• 電話をかける

賃貸経営コラム

初めての居住用不動産贈与に備える—夫婦間の贈与税と控除の基礎知識

相続税,譲渡

夫婦間で居住用不動産を贈与する際、真っ先に頭をよぎるのは贈与税です。贈与税の扱いは複雑で、不安に感じる方も多いでしょう。

特に、不動産の贈与に関する贈与税のルールは複雑です。この記事では、夫婦間で居住用不動産を贈与する場合のポイントについて解説します。


結婚して20年以上の夫婦に贈与税の優遇措置

贈与税には、居住用の不動産やその購入資金を配偶者に贈与する場合の「配偶者控除」という優遇制度があります。この制度は「おしどり贈与」とも呼ばれ、婚姻期間が20年以上の夫婦に適用されます。


配偶者控除の適用条件

適用を受けるための条件は次の5つです。

  • 民法上の婚姻をされて20年を経過した後にした贈与であること。
  • 居住用の不動産を取得するための資金の贈与であること。
  • その贈与された配偶者が取得した不動産に贈与年の翌年3月15日までに居住していて、その後も引き続き住むこと。
  • 以前にこの制度の適用を受けていないこと。
  • 贈与年の翌年3月15日までに、一定の書類を添付して贈与税の確定申告を行うこと。

配偶者控除を利用する際の注意点

この制度で気を付ける点は、次の通りです。

  • 土地建物の評価は、相続税法の評価(路線価など)にて行うこと。
  • 配偶者の住宅ローンの返済を行うことは対象外であること。
  • 贈与税の申告を忘れないこと。
  • 贈与の手続きについて、法律通り(契約書・登記など)に行うこと。
  • 一連の手続きに事務コスト及び税金(登記、申告)が発生すること。


結婚から20年以上経過したタイミングで、配偶者への感謝の気持ちを込めて自宅を贈与する方もいるようです。この制度をうまく活用しましょう。
具体的な手続きについては、事前に税理士や税務署に確認することをお勧めします。



フレンドホームからご挨拶

株式会社フレンドホームは1988年に創業以来、久喜、幸手、杉戸エリアを中心にこの地元を愛し、地元密着で営業をさせていただいております。不動産は皆さまの大切な資産です。代々受け継がれてきた土地や建物、またこれから購入する住宅など、不動産の一つ一つにあるお客様のストーリーを私たちも大切にし、お客様にとって最適なご提案ができるよう日々勉強しております。どうぞお気軽にご相談ください。


幸手・杉戸・春日部エリアの
賃貸管理なら
フレンドホームにお任せください